FC2ブログ

ラッフルトッパージャケット

ラッフルトッパー
型紙 / aviver フリーLサイズ
生地 / cosmo 2wayパンツニット ベージュ

お出かけにぴったりなジャケットが出来ました
カッチリし過ぎずカジュアルでもない、きれい目な上着 (の型紙)
ってなかなか無いんですよね  aviverさんありがとう~

何カ所かつまづきましたが、3日で完成しました
見映えがするのに意外に簡単
難しいのは布選びで、厚地や張りのあるものはドレープが出ないし
薄いニットだとカーディガンになってしまいます

今回は薄くてもつるつるとしたレインコートのような質感だったので
上着っぽさが出たのかなと思います
2枚目はどんな布にすればいいか悩むところですねえ
( でもデザインが印象的なので、そう何枚も要らない・・・かも )
スポンサーサイト



ノーカラージャケット (その2)

IMGP0902.jpg
型紙 / Atelier*k 9号
生地 / 表地・・・アドヴァンスネット 綿ガーゼ調変り織り ダークグレー
       裏地・・・キュプラ紺

夫の祖母の法事用につくりました
実は 「家族だけだし、もう喪服とか黒じゃなくて良いよ」 と言われて、
逆に困ってしまったんです
黒でもいいのか、むしろ黒じゃない方がいいのか、ニュアンスが微妙~
喪服じゃなくても、という事は全身黒は避けた方がいいのかな~

悩んだ末に黒いワンピースにこれを羽織ることにしたのですが、
きちんとしているけどテーラードのような堅苦しさがなく、なかなか良い感じ
改めてノーカラージャケットって万能だなと思いました

Ladies Wニットジャケット

IMGP0543.jpg
型紙 / muni Mサイズ
生地 / 催事場の服地販売会 ( 山形 : ソーイングハウス大場 )
       中厚ニット ( たぶんウール混 ) こげ茶、ニット裏地 カーキ

大物に挑戦! 裏付きのジャケットを縫いました。
でも思ったほど難しくなかったです。
本来 単衣のジャケットですが、裏地のつけ方が仕様書に詳しく
書かれており、2日で仕上げることができました。
IMGP0542.jpg 
ボタンホールは失敗しそうなので、身頃のボタンを省略。
襟元にループボタンをつけただけですが、 留めればスタンドカラー、
開ければドレープジャケット風、とかなり表情が変わります。

ジャケットにしてはタイトで、下に厚手のニットは着こめない感じでした。
裏付きとは言え、ニット地だとあまり防風性はなく、着れるのは年内まで
でしょうか。 本格的に寒くなるまでたくさん着ようと思います。
気に入ったので、今度はショールカラーで作ってみたいな

Rebecca/ストール風ジャケット (その2)

レベッカ2-0
型紙 / たまねぎ工房
生地 / キバジの倉庫 千鳥格子ウールジャガード 黒×生成

2年前、なんだこりゃ(笑)と書いたレベッカでしたが、一度着たらすっかり
虜になりまして。 訂正します、レベッカ良いです。 たまねぎさんゴメンナサイ

・ドルマン袖の上にはおれる
・布分量が多いので意外に暖かい
・ストール流行りの中、一線を画す不思議な形
最初のうちは着丈が短いのが気になりましたが、後ろがあまりに潔く短いので、
逆に長めのチュニックなど合わせやすかったです。

という訳で、ここ2年は秋冬ほとんどこればっかり着ていました。
美容室のお姉さんに 「あ、お手製の!前にも着てらした!」 と言われて
さすがにハッとしたという・・・
そこで今回は、とっておきの秘蔵ウールジャガードで2着目を作りました。
布購入から2年、やっと日の目を見ます。 年末在庫一掃大放出。

すこし厚みがあって、暖かいです。 が、ちょっと重いかな
レベッカ2-1
右上をショールピンでとめてみました。
結構なボリュームです。 こたつ掛けを被っているような錯覚に陥ります。
前の合わせもうまくドレープにならず自己主張。

…布選びに失敗しました。 
レベッカは、フリースくらいの厚みと質感がベストなんでしょうね。
うーん、これを着るかどうかは神のみぞ知る?

ノーカラーコート

ノーカラーコート
型紙 / SCENE
生地 / cosmo ベネシャン オリーブ

これも ボタンホールを残して放置してあったもの。 やっと完成しました。
コートを作るのは初めてだったので、とにかく丁寧に、きれいに作ることを
心がけたつもりが …出来上がってびっくり。
前の合わせの長さが左右で違っていました。 ←左の裾が 1cmほど長い

後日 たまたま読んだ洋裁本によれば、 接着芯を貼ると生地が縮むとのこと。
だから、生地と接着芯を貼りあわせたあと、型紙を置いて裁断するのだそう
です。 私は、あらかじめ 別々に裁断してから貼りあわせたので、縮み具合
で丈が違ってしまったんですね。 ああ、もっと早く知っていれば。

それから、生地選びも失敗だったようで…
光沢があってツルツルした生地のため、形的におばあちゃんのレインコート
っぽいです。 地味~。 この色はモッズコートにした方が良かったかも?

などなど、初めてのコートづくりは見事、惨敗でした。
デザイン・サイズ感は良かったので、ぜひリベンジしたいと思っています。
もっと明るい色、やわらかい生地で、軽~い春コートにしたいなぁ。

ケープジャケット

ケープJK
型紙 / クルール
生地 / cosmo 圧縮ウール天竺 グレー

この度、ミシンを買い替えました~

ミシンのボタンホールが作動しなくなり、修理か買い替えか困った…
などとブログに書いたのが今週月曜。
その割に火曜には注文してまして。 決断早っ
水曜に発送、木曜に到着、そして今日 金曜にはこのジャケットが完成、と
急展開の1週間でした。

実はこれ、厚地のためボタンホールを開ける自信がなく、1年半ほど作りか
けで放置していたのですが、新ミシンを使ったら厚地も楽勝。
おまけに仕上がりが格段にきれい。
まあ17年も前のミシンと比べたら、当たり前ですよね。でもやっぱり感動。

ところで、やっと完成したこのジャケットは、ちょっと残念な感じでした。
肩線が縫い合わせのせいか、ラインがしっかり出るので、肩幅のある私が
着ると、いかり肩に見えてイマイチ。
襟はきついし着丈も短いしで、また作るかどうかは微妙です。残念。

Origa/ノーカラージャケット

オリガ
型紙 / たまねぎ工房 38サイズ
生地 / 表地・・・ cosmo メルトンウール ブラック
       裏地・・・ ひのでや 綿サテン チェック柄紺

このオリガ、やりかけのまま2ヶ月ほど放置していました。
というのも、試着姿を見た娘が一言 「カッチリしてないね~」
と言ったから。
肩やポケットの形がフォーマルっぽくないそうで…。
実はこれ、卒業式用スーツの試作なんです。
式服なのにカッチリしてないって…そりゃマズイでしょ~!
速攻で作業を中断し (その時点で式まで1ヶ月切っていました)
アトリエKさんのノーカラージャケットに乗り換えた次第です。

めっきり暖かくなって、もうこのジャケットも秋冬まで出番がないと
思うのですが、しまうにあたってやっと完成させました。
しかし今度は夫が 「お葬式みたい」 と言うので、なんだか着る気も
萎えてます。あーあ。
どのみち、このサイズ(38)だと腕まわりや胸元が少し窮屈です。
でも裾まわりが大きく、身体に沿わない感じなので、40に上げると
おかしな事になりそうな気もします。
私の体型にはちょっと合わないのかもしれませんね。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケット
型紙 / Atelier*k
生地 / アドヴァンスネット 毛混ファンシーツイード シルバーラメ入り
副資材 / 手芸ナカムラ キュプラ紺・ブレード黒

で、できた~、総裏のジャケットが作れた~
無我夢中でやっつけたので(?)プロが見るとおかしな部分がたくさん
あるかもしれません。でも自分の技量すべて使って頑張りました。

アトリエKさんに投稿されていたお客様作品と同じアレンジで、
襟切り替えと後ろのタックをなくし、前をつき合わせにしました。
ホックを10cm間隔で4つ付けてあります。
ブレードは両端を手で縫いつけ。結構な手間がかかりましたが、これ
が有ると無いとでは見栄えが全然違う。付けて正解でした。

肝心の着用感は、びっくりする位ぴったり(丁度いい、の意味)です。
実は、いつもKさんの9号服は少しだけ大きく感じるのですが、これは
どこから見てもスッキリと、まるで誂えたよう。(自作なので半分誂え
たも同然ですが…)
あんまり下に厚着はできそうもない、コンパクトな作りでした。意外。

さて、これは先日のプリーツスカートとセットで、娘の卒業式に着る
予定です。
ギリギリ間に合って、ほんっとに良かったです…

Rebecca/ストール風ジャケット

レベッカ
型紙 / たまねぎ工房
生地 / cosmo 圧縮ウール天竺 グレー

実はぜんぜん眼中になかったこの型… (たまねぎさんスミマセン)。
ある時ふと、どういう構造になってるんだろう?と思ったら気になって
気になって、衝動的に買ってしまいました。

型紙が大きく、切り貼り・裁断・ステッチに多少時間はかかりますが
パターン自体は直線のみの単純なもの。 ちょっと拍子抜けです。
唯一の難所は袖の周辺でしょうか。
袖づけをすると肩山が直角になるのですが、左右どちらも満足のいく
出来になりませんでした。
裾見返し付けは説明を見ても分からず、適当にやって失敗、付け直し。
たまねぎ工房さんの説明は理路整然としているので、その場その場で
淡々と進めて行けば大抵うまく行くんですけどね~。

さて、そんなこんなで出来上がってみると、なんだこりゃ(笑)
何を合わせたらいいのか分からないし、着こなしに悩みます。
とりあえず、両裾を肩にくっつけてジャケットのように着ることはないの
で前ボタンとホックは省略。 肩章も好みではないので省略。
右裾だけ左肩に留めようと、ユザワヤでショールピンを買ってきましたが
目のつまったウール天竺には針が刺さりませんでした。
うーん、春先までには着方を考えようと思います。それまで冬眠かな。